レビュー:chiandchiの腕時計 POLYGON-PG02 (Silver/Black)

POLYGON-PG02 (Silver/Black) 書評(本以外含む)

先日、腕時計が壊れたので、新しいものを買うことにしました。

せっかく台湾にいるので、台湾ブランドの時計がほしいなあと思い調べたところ、chiandchiという時計がカッコイイ感じでしたので購入しました。

スポンサーリンク

1.chiandchiとは

2013年に設立。台湾に拠点を置くデザインスタジオ。創業者である兄弟の「Stephen Chiu Chi Hung」と「Leo Chiu Chi Tat」の名前から「chiandchi」と名付けられました。

ヨーロッパで人気があるそうです。

英語版の公式HPと日本版の公式HPがあり、それぞれから購入可能です。

一部の時計はAmazonでも販売しています。

私は台湾に住んでいるので英語版の公式HPから注文しましたが、日本に住んでいるのであればAmazonで買うのが一番簡単だと思います。

2.POLYGONについて

現在chiandchiでは「POLYGON」と「ESU」という2種類の腕時計が販売されています。

そのうち、私はPOLYGONという時計を買いました。

(1)POLYGONについて

このPOLYGONという時計ですが、文字盤が円形ではなく15度刻み(360度÷24カット)でカクカクしているのが最大の特徴です。

ポリゴンは、24のエッジで1日の時刻を表すユニークなケースを備えたモダンな時計です。

この時計は、幾何学的な特徴を備えて設計されており、精密工学と手作業にて作られています。通常の時計の丸い輪郭とは異なり、24カットのケースと文字盤は独特の審美的な方法で時間を提示します。

エッジを削る代わりに、「エッジ」を保持して、従来との区別化を図っています。

(2)POLYGON-PG01とPOLYGON-PG02の違い

POLYGONは、PG01とPG02という種類で更に細分化しています。

これら2種類で細かい違いは色々あるのですが、一番は文字盤の外端の縁の部分です。

PG02と比べてPG01は文字盤の外端に傾斜がつけられていることから、24カットのデザインがより強調されています。

Amazonのリンクを貼っておきますので、気になる方は写真を見比べてみてください。

←PG01 ←PG02

3.私が買った時計

POLYGON-PG02 (Silver/Black)という時計を買いました。

PG02なので、24カットのデザインはあまり目立たない方です。

また、ベルトは黒です。

下記リンクは金バージョンなのですが、ちょうどこれの銀バージョンにあたるものを買いました。

←私が買ったのはこちらの銀バージョンです。

4.写真

本日、妻および愛猫立ち合いのもとに開封の儀を行い、写真撮影しました。

自宅の天井の電球が暖色系なので文字盤が少し黄色っぽく写っているかもしれませんが、電球の影響ですのでご安心ください。

POLYGON-PG02 (Silver/Black)の箱
【クリックで拡大】外箱の様子
POLYGON-PG02 (Silver/Black)の箱
【クリックで拡大】POLYGONのロゴ
POLYGON-PG02 (Silver/Black)
【クリックで拡大】外箱を開封した様子
POLYGON-PG02 (Silver/Black)に興味津々の猫
【クリックで拡大】検収業務を行う愛猫および制止に向かう妻の手
POLYGON-PG02 (Silver/Black)
【クリックで拡大】検収後の様子(文字盤の保護用ビニールを外すのを失念したまま撮影)
POLYGON-PG02 (Silver/Black)
【クリックで拡大】文字盤部分の拡大撮影(文字盤の保護用ビニールを外すのを失念したまま撮影)
POLYGON-PG02 (Silver/Black)
【クリックで拡大】箱から出した様子。文字盤の保護用ビニールも外した状態。

これから大事に使っていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました